How to make a Hat 帽子の作り方

ハロウィンやクリスマスのアレンジで使えそうな帽子の作り方です。
バルーンの太さや色の組み合わせなどを変えて色んな帽子を作ってみてくださいね♪
この帽子は『260 2本の超手軽ダブルピンチバージョン』です。


超お手軽 ピンチの耳の『ちびころ』バージョン

260(350)のバルーンのお宝の先端を適量ふくらまし結びます。

顔と後頭部の間に差し込みます。

160をピンチツイストの耳の根元に絡ませます。

260(350)の前後を反対の耳に絡ませて『行って来い』します。

アップルリンクでボンボンをつなげばサンタの帽子ができます。

キャップの場合は前方のみでOKです。
350と160の組み合わせで作っています。


超お手軽 ループバージョン

260(160)のバルーンのお宝の先端を適量ふくらまし結びます。

顔と後頭部の間に差し込みます。

160でループを作り後ろで結びます。

ループに260を通しから顔と後頭部の間に差し込んでもOKです。


超お手軽 ダブルピンチバージョン

260のバルーンで2.5cm程のバブルを2つ作り、結び目を使ってまとめます。

それぞれのバブルを逆方向にねじりダブルピンチツイストをします。
残りは切ります。

160(260)のお宝を適量膨らませて結びます。

160の余った部分をバブルピンチツイストの間に挟みます。

顔と後頭部の間に差し込みます。


お手軽 頭頂部に結び目ありバージョン

260のバルーンを少し膨らまし、160(260)と一緒に結びます。
260も160もお宝で構いませんが、結び目は大きい方が作りやすいです。
口巻きがついていれば結び目は小さくてもかまいません。

260と160の結び目に人差し指を当てます。
そのまま人差し指を260の中に押し込みます。

適量押し込んだら、反対の手で、人差し指で押している結び目をつかみます。

結び目をつかんだまま、人差し指を抜きます。
勢いよく抜くと割れる場合がありますので、そっと抜きます。
つかんでいる結び目の上で260を数回ねじります。

260の空気を抜き、つかんでいる結び目の上でしばります。

160に適量空気を入れます。
260の根元から膨らむように空気を移動させます。
丁度良い大きさでしばって切ります。

顔と後頭部の間に差し込みます。


こだわり 頭頂部に結び目なしバージョン

160(260)のお宝の先端に適量空気を入れます。
膨らんでいない部分を数センチ残して結びます。
160の膨らんでいない部分の長さが、260の高さと同様程度になるように調整します。

260を適量空気を入れて160の結び目と結び合わせます。

あとは『お手軽 頭頂部に結び目ありバージョン』と同様に作ります。

顔と後頭部の間に差し込みます。


inserted by FC2 system