How to make Chibicoro 
ちびころバルーンの作り方

Materials and Preparations 材料 & 準備

260のバルーンを1本使います。
40cm程度ふくらませます。
レッドポンプで2プッシュ程です。

Let's Twist Basic Style 
基本のちびころを作ろう

顔と手を作ろう

顔(1)を8.5cm、3cmのピンチツイストで手(2)を作ります。

同じものを作って折り返します。
後頭部(3)8.5cm、手(4)3cmピンチツイスト。
同じ長さで戻すことを『行って来い』と言います。
『ちびころ』は『行って来い』の繰り返しです。

顔(1)の口巻きを手(4)のピンチツイストに巻きつけて固定します。これで顔と手の完成です。
この形になれば、ピンチツイストからスタートしても、手(4)のピンチツイストを作る前に顔(1)と後頭部(3)を固定してもよいのですが、顔(1)と後頭部(3)を同じ大きさに作りやすいので上の作り方が推奨です。
『ちびころ』は必ず体より先に顔を作ります。

体を作ろう

残りのバルーンを握りつぶして空気圧を低くしておきます。
お腹(5)を7cmで作り、手(2)に絡めます。

同様に背中(6)を7cmで作り手(4)に戻ってきます。
体を作るポイントは空気圧を低して柔らかめに、長さは顔より短めに作ります。
すると半月型の体の上に顔が乗っかる形になります。この形を作るために顔 → 体の順で作ります。

耳と足を作ろう

もう一度残りのバルーンを握りつぶして空気圧を低くします。
耳(7,8)を3.5cmで作り反対側の手(2)に絡めます。

耳と同じように足(9,10)を3.5cmで作り反対側の手(4)に絡めます。
耳と足はどちらを先に作ってもかまいません。

微調整 形を整えよう

残りのバルーンは空気を抜いて結びます。
切り端は短く切らずに少し残しておき、体の中に入れて隠します。
耳を頭に、足を体に挟み込み全体のバランスを整えます。
空気圧を低くしておくのは耳、足を挟み込みやすくするためです。

顔を描こう

シールマーカーで顔を描きます。
シールは時間短縮や貼り直して微調整ができるのでおすすめです。
油性マーカーはヘアスプレーや除光液で消すことができます。油性マーカーの消し方

アレンジメント

『ちびころ』は様々なバリエーションに発展できますが全てこの基本形の応用になります。
くまモンはこの基本形と全く同じ作り方です


Point of Chibicoro 
ちびころバルーンをかわいく作るポイント

顔の長さは8~8.5cm

バルーンの太さから考えて一番かわいいバランスが8~8.5cm!
それ以上の長さにになると横長になりすぎて、ころころ感が出ません。

体は顔より小さく

体が大きいと太って見えます。体は小さく作りましょう。
体を作る前にバルーンを握って空気圧を下げるとバルーンが細くなります。

結び目の処理

切れ端が見えると仕上がりが汚く見えます。
最後に空気を抜いてしばった後の結び目は体の中に隠しましょう。
端を短く切ってしまうと体の中に隠す事ができませんので、少し余裕を持って切ります。

inserted by FC2 system